ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌と乳酸菌の違いをご存知でしょうか。

乳酸菌の一種がビフィズス菌?

いいえ。

ちがいます。

どちらも善玉菌の一種で似ているところがありますが、分類的には別のものです。

乳酸菌は乳酸を作り悪玉菌が嫌う酸性の環境づくりをします。

これはビフィズス菌が生息しやすい環境をサポートしていることになります。

それから人体のいろんな場所に存在することができます。

そのため、多くは腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整える働きをしますが、中には口の中の環境を整えて歯周病などの予防に効果があると言われるものもあります。

それから乳製品や発酵食品の中にも存在します。

ヨーグルトの他にもチーズや味噌、醤油、キムチなどたくさんの食品から摂ることが可能です。

そして酸素があるところでも生きていて形は球状や棒状です。

乳酸菌はたくさんの種類があり、役割もそれぞれです。

どれも腸内環境にプラスになるものばかりなので摂っておいても損はないでしょう。

一方ビフィズス菌は乳酸だけでなく強い殺菌力を持つ酢酸を作り、ウィルスが吸収されるのを防いでくれます。

そのほかにも葉酸などビタミンB群も作り、栄養素を効率よく吸収できる環境を整えます。

生息できるのは大腸のみです。

腸内にいる善玉菌の99%を占めています。

花粉症や鼻炎などのアレルギーにも効果を発揮し、潰瘍性大腸炎にも効果があることがわかってきました。

特に整腸作用に優れており、ほかの乳酸菌よりも腸内環境が整いやすいということが確認されています。

体の免疫機能を高める働きがあるため日常的にたくさん摂取することが望ましいです。

偏性嫌気性菌で酸素があると死んでしまいます。

形はY字型です。

乳酸菌もビフィズス菌もオリゴ糖や食物繊維をエサにして増殖していくので、一緒に摂取すると体の中でさらに菌が増えてとても効率がいいです。

腸内の善玉菌との相性が人によってさまざまなので、自分に合う乳酸菌やビフィズス菌を見つけるのに、だいたい2カ月ほど摂取してみて効果があまり見られないときは、別の種類の乳酸菌やビフィズス菌を摂ってみることをおススメします。